APlayユーザーズガイド

APlayユーザーズガイド

1.はじめに

本ガイドでは、スマートイヤフォン「APlay」について説明します。

APlayの概要

APlayは、スマートフォンに届く通知を耳で聞けるヒアラブルデバイスです。
LINEなどのメッセンジャーで届いたメッセージに声で返信することも可能です。

スマートフォンを開くことなく、移動中に音楽を聴きながらお使いいただけます。
Twitterのタイムラインを聞いたり、天気や交通情報を聞いたりと、あなたの使い方次第で無限大の活用方法が生まれます。

APlayを利用するには

APlayを利用するには、APlay本体と専用アプリ「APlay App」が必要となります。
APlay本体は、AmazonAPlay Official Online Shop、またはビックカメラ全国32店舗ビックカメラ.com二子玉川 蔦屋家電eイヤフォンでお買い求めいただくことができます。
また、「APlay App」はAndroid5.0以上搭載のスマートフォンにてご利用いただけます。APlayのご利用を開始する前にお手持ちのスマートフォンにインストールしてください。

ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.nain.speaker

Get it on Google Play

電源を入れる

[◯]ボタンを約2秒間、長押しします。正常に電源が入ると「Power On」と読み上げます。

電源を消す

[◯]を約4秒間長押しします。また、イヤフォンを充電ケーブルにつないで充電を開始すると電源がオフになります。

充電する

コントローラーの側面にある充電口にUSBケーブルを差し込んで充電します。

2.初期設定

ペアリング/アクティベート

APlayをご利用いただくには、専用アプリ「APlay App」をインストールしたあと、APlayとスマートフォンをペアリングする必要があります。
「APlay App」を起動後、画面の説明に従ってペアリングを行ってください。

ペアリングモードにする

「APlay App」をインストールできないデバイスとペアリングする場合は、ペアリングモードにした状態で各デバイスの操作方法に従ってください。

APlayをペアリングモードに変更するには、APlayの電源がオフの状態で、コントローラーの[◯]ボタンを4秒間長押しします。

ペアリングモードになると、LEDがオレンジと白で交互に点滅します。スマートフォンと接続されると、「Connected」と読み上げます。(接続までに数十秒程度時間がかかることがございます)

3.コントローラーの使い方

APlayのコントローラーから、各種読み上げを呼び出したり、音声返信などの操作を行うことができます。


アシストサービス(時報/バッテリー残量/未読通知/スケジュール)を呼び出す( [+][○][-]同時押し)

時報、バッテリー残量、未読通知、スケジュールを読み上げます。呼び出す項目はAPlay Appのアシストサービス(4. APlay App 「アシストサービス」)から設定可能です。

メッセージに返信する(メッセージ読み上げ後、[◯])

[音声返信の手順]
1.メッセージを読み上げた場合、「ボタンを押すと返信できます。」と読み上げます。その後、[◯]ボタンを1回だけ押します。
2.ガイド音が鳴り終わったあとに喋ります。喋り終わり数秒経つと、「〜と返信します」と確認の読み上げます。
送信する場合は、そのままお待ちいただくと数秒後に「返信しました」のガイドメッセージを読み上げます。
※ 電波状況等、アプリの動作によっては実際にメッセージを送信できない可能性がございます。


[音声入力をやり直す場合]
「〜と返信します」と読み上げたあとすぐに、[◯]ボタンを押します。再度ガイド音が鳴るので、その後、音声入力を行います。

[対応アプリ]
LINE、Facebook Messanger、Twitter DM、WhatsApp、Hangout、Slack、Telegram、Zalo、Google Allo(Android7.0以上のみ)などのメッセンジャーアプリに対応しています。
※ご利用のスマートフォン端末やアプリの動作によっては音声返信に対応できない、またはできなくなる場合がございます。

いいねを返信する(メッセージ読み上げ後、[+]長押し)

メッセージに対して、ボタン操作でいいねを返信することができます。

[手順]
1.メッセージを受信後、「◯◯からの通知。(相手の名前)ボタンを押すと返信できます。」と読み上げます。
2.[+]ボタンを長押しします。「返信しました」と読み上げます。相手には、[👍] が返信されます。

プリセットされている[👍] は変更が可能です。※「4. APlay App」をご参照ください。

読み上げをキャンセルする(読み上げ中に、[+][◯][-]同時押し)

読み上げの途中で[+][◯][-]を同時に押すと、読み上げをキャンセルします。

メディアアプリを切り替える([+][○]同時押し)

音楽配信サービスなどのメディアアプリを使っている場合、コントローラー操作で起動中のアプリを切り替えることができます。


[動作確認済みアプリ] Google Play Music/LINE Music/SoundCloud

[手順] [+][○]を同時に押すと、複数回押すと、最近起動した順にメディアアプリの切り替えを行えます。
「オフ」と読み上げたときに操作をやめると、メディアアプリの再生が止まります。

未返信メッセージを呼び出す( [○][-]同時押し)

まだ返信していないメッセージを読み上げます。


ボイスダイヤルを起動する([+][○]長押し)

[+][◯]を長押しすると、ボイスダイヤルを起動することができます。※お使いのOSや設定によっては、Google Nowが起動されます。

4. APlay App

APlay Appは、APlayの設定を行うための専用ソフトウェアです。Android5.0以上のOSに対応しています。

ホーム画面には直近100件の通知が表示され、各通知のフィルタリングの設定を行うことも可能です。

また、画面の一番下のバーにAPlayの接続状態とバッテリーの残量が表示されます。

[主な機能]

  • APlay初期設定
  • 読み上げアプリの選択
  • バッテリー残量確認
  • 通知フィルタリング
  • 再生速度切り替え
  • 読み上げ単語辞書登録
  • 時報、バッテリー残量読み上げ間隔設定
  • 音声返信待ち時間設定
  • ハンズフリーモード切替

アシストサービス

読み上げ内容を設定します。通常の利用時に自動で読み上げられます。

また、コントローラーから、[+][◯][-]を同時押ししたときにも呼び出すことができます。

アプリ通知

未読の通知を読み上げます。

バッテリー

バッテリー残量を定期的に読み上げます。デフォルトでは10%減るごとに読み上げます。
右下の設定マークをタップすると、10%、20%、50%から読み上げ間隔を設定できます。

時報

現在の時刻を定期的に読み上げます。デフォルトでは15分ごとに読み上げます。
右下の設定マークをタップすると、読み上げ間隔を設定できます。

スケジュール

スケジュール情報を10分前にリマインドします。
カレンダーアプリに登録された予定を読み上げます。

読み上げアプリ選択

読み上げるアプリを選択する

ホーム画面の左上メニューから、「読み上げアプリ選択」を選ぶと、読み上げアプリ選択画面が表示されます。

各アプリの右端にあるアイコンをタップすると、通知オンと通知オフを選択することができます。

アプリごとに通知の詳細設定を行うことができます。

設定したいアプリの列を長押しします。「通知設定」のポップアップが表示されるのでタップします。

「通知設定」では、アプリごとに以下の項目を設定可能です。

  • 通知読み上げのオン、オフ
  • 除外ワードの設定(設定したワードを読み上げない)
  • 読み上げ済み通知の削除

特定のアプリ通知を読ませない(ホーム画面からの設定)

アプリごとに、もしくはアプリの通知のタイトルで、読ませたくない通知を設定できます。

通知の右上にあるアイコンを押すとポップアップが表示されるので、いずれかを選択します。

※設定を戻すには、左上メニューから「読み上げアプリ選択」から、再度設定を行ってください。

ミュートボタンの追加

ホーム画面右上のボタンから音声読み上げをミュートできるようになりました。一時的にすべての読み上げを止めたい場合にご利用ください。

不具合修正

  • アクセント文字を読み上げない問題を修正
  • Bluetoothをオフにするとデバイス登録が解除されてしまう問題を修正
  • 初回設定時にペアリングを検出ができない場合がある問題を修正
アクセント文字が含まれる単語の読み上げに対応いたしました。「Pokémon GO」などのアクセント文字が含まれる場合、通常のアルファベットと同様に読み上げます。

設定

接続時の読み上げ設定、音声読み上げ設定、メッセージ返信の詳細設定を行えます。

スタートアップ

  • [接続時にアシスト]:APlayとスマートフォンを接続したときに、未読通知を読み上げます

音声エンジン

  • [VoiceText]:APlayを日本語で利用する場合のデフォルトの音声読み上げエンジンです。日本語以外の言語でAPlayを利用する場合は、この項目をオフにしてください。
  • [再生速度]:読み上げの再生速度を設定可能です。
  • [ユーザー辞書]:単語の読ませ方を辞書登録できます。
  • [テキスト読み上げの設定]:VoiceTextがオフのときの読み上げ設定が行えます。主に日本語読み上げをオフにした際に利用します。

メッセージ返信設定

  • [返信操作待受時間]:メッセージを受信時に、返信するまでの待ち時間を調整できます。
  • [ボタン返信定型文]:メッセージ受信時に、[+]ボタンの長押しで返信できるメッセージを編集できます。デフォルトでは[👍]が設定されています。

アクセス許可設定

  • [通知へのアクセス]:ご利用のOSの「通知へのアクセス」を設定します。APlayの初期設定が正常に完了している場合はオンになっており、特に設定の必要はありません。
  • [使用履歴へのアクセス]:ご利用のOSの「使用履歴にアクセスできるアプリ」を設定します。APlayの初期設定が正常に完了している場合はオンになっており、特に設定の必要はありません。

ハンズフリーモードに切り替える

スマートフォン単体で通知読み上げ、音声返信ができる機能です。
APlayの電源を切るか、スマートフォンのとBluetooth接続を解除した状態で、アプリのホーム画面下のバーをタップします。
表示が「ハンズフリーモード」に切り替わり、イヤフォンがない状態でも通知を聞き、返信することができます。
注)APlayとのアクティベーションが行われていない端末ではご利用できません。

6.利用上の注意

  • 耳を刺激するような大音量で長期間続けて使用すると、聴力が大きく損なわれる恐れがあります。
  • 自転車、オートバイ、または自動車などを運転中には絶対に使用しないでください。運転中に使用すると、交通事故の原因になります。
  • 運転中以外でも、踏切や駅のホーム、車道、工事現場など、周囲の音が聞こえないと危険な場所では使用しないでください。
  • 始めから音量を上げ過ぎると、突然大きな音が出て耳を傷めることがあります。音量は少しずつ上げてご使用ください。