会社概要

社名 株式会社ネイン, 英文名称 Nain Inc.
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山台ビル902
設立日 2014年11月7日
資本金 4063万円
代表者 代表取締役兼CEO 山本 健太郎
事業内容 自社AIデバイス、ヒアラブルデバイス企画、開発、販売
IoT、ウェアラブルのデバイス、ソフトウェアの企画、デザイン、開発業務の受託
株主 山本健太郎
Skyland Ventures
株式会社MCJ
主要取引先 株式会社ヴェルト
株式会社ビックカメラ株式会社
株式会社ルクサ
株式会社IROYA
株式会社MPD
株式会社TMネットワーク
オンキョー株式会社
UQコミュニケーションズ株式会社
政策金融公庫
ジャパンネットバンク銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
顧問 北海道大学大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 複合情報工学講座 川村 秀憲教授

メンバー

大手メーカーで10年以上車載機器開発に携わってきたメンバー。音声UIデザイン、AI技術開発、コネクテッド・カーについての開発を行ってきた。企画からデザイン、回路設計、組み込み、アプリ、クラウドソフトウェア開発をすべて自社で行うことで高効率、かつハイスピードなモノづくりを進めていきます。

ken

創業者。2000年北海道大学情報工学部卒。複雑系調和系工学にてAI/マルチエージェントを専攻。パイオニア株式会社にてグローバル市場のカーナビ、車載インフォテイメント機器の開発、企画を担当。担当商品がCES Innovation Award, EISA Awardなど受賞。2014年11月に株式会社ネインを設立。

山本 健太郎

代表取締役兼CEO
taishi

顧客責任者であると同時に、AI開発、サーバーシステム開発を担当。
北海道大学工学部電子工学科中退。元フリーランスエンジニア。黎明期からインターネットを活用し、15年以上Web開発に携わり大手含む多数のクライアントの仕事を引き受けてきた。

熊谷 太史

取締役兼Chief Customer Officer
takano

ソフトウェア開発責任者。デバイス制御ソフトウェア、、iOS/Android アプリソフトウェア開発担当。元パイオニア株式会社R&D、開発担当。スマートフォン連携車載機、Apple CarPlay,、Android Autoなど世界初技術開発を経験、車載としての高い品質要件を満たし、製品の開発をリード。

高野 勇介

技術主任

コマ

工業デザイナー

コウジ

回路設計エンジニア

片瀬佑記

エンジニア

Network AI Nodes

社名由来

NAINの由来は、2つあります。

1つは、ネットワーク接続されたAIの点。Network AI Nodesの頭文字からとっています。

1つは、フランス語でいうドワーフ。白雪姫に出てくる人を助けてくれる7人の小人の様な妖精です。

人間とモノの関わり方を変える

IoTとディープラーニング技術によって、AIが身の回りに広がっていく世界の中。AIを搭載したモノが人にもっと寄り添うことで、より人間らしい時間の使い方ができる世界をつくっていきます。

スマホを操作する、ということが人の活動の多くの時間を占めることになっています。本来技術は人をラクにするものですが、現在は人がモノに自由を奪われています。人がモノを操作することに時間を費やすのではなく、人の時間を作ってくれるモノを作っていきます。

AIデバイス

コンピュータは、インターネット・デバイス。スマートフォンは、モバイル・インターネット・デバイスです。インターネットというインフラにつながるデバイスが身近になることで生活が大きく変わりました。

私たちは、インターネット・デバイスの次、AIデバイスを作っていきます。インターネットの次のインフラはAI、私たちは人とAIがカンタンにつながることで、例えばスイッチやタッチ操作を必要としない世界を作っていきます。